« 椿・6 | トップページ | 四月の壇具川・二 »

2011年4月17日 (日曜日)

木瓜(ボケ)・1

110410aa

キメラの木瓜です。赤花の木瓜もありますが私はこちらの方が好きです。得した気分になる (笑

110410ab

花言葉は早熟、平凡。四月の茶花です。

110410ac

こんなにも花が好きだったのか。。。と自分で思う程、この春は花ばかり撮っています。昨年の春もそうでしたが (爆

Nikon D200 + AF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8G ED

|

« 椿・6 | トップページ | 四月の壇具川・二 »

花々」カテゴリの記事

コメント

kenさん;

携帯電話のオマケカメラで撮った写真も高級レンズを付けたデジ1で撮った写真も写真は写真ですからね。
良い写真とそうでない写真はドコが違うのだろうと考えると、確かに道具やテクニックもありますが
それにも増して良い被写体を見つける目なのではないだろうかと思うに至りました。
写真の上手な人はコンデジで撮っても上手です。最高級な道具とそこそこのテクニックを持ったお方でも
ソレがどうかしたのか?と言うような写真しか撮れないお方もいらっしゃいます (汗

桜が少女でも貴婦人でも老婆であっても、その一番美しい姿を見つけるのがカメラアイなのだろう。。。
と、そんなふうに思っています。

投稿: Toki | 2011年4月19日 (火曜日) 11時36分

撮る為のテクニックはすぐに習得できますが、良い被写体を見つける目を養う。
ここに、真髄が?
そのテクニックを、習得しなくてもシャッターを0.5ミリほど押せば写ります、簡単に写るだけに難しいですね。
桜を、少女的に撮るか、貴婦人として撮るか、老婆として撮るか、ということでしょうか?

投稿: ken | 2011年4月19日 (火曜日) 10時22分

nico様;

下関と門司港は連絡船を利用すればものすごく近いです。
関門海峡は長崎港のようなものと言えば判り良いのかもしれない。
少しお勉強して上手にスケジュールすると下関と門司港の両方を楽しめると思いますよ (笑

写真というのは被写体の力がナニよりも大きいと思っています。
撮る為のテクニックはすぐに習得できますが、良い被写体を見つける目を養う事はなかなか難しいです。

投稿: Toki | 2011年4月17日 (日曜日) 23時06分

こんばんは tokiさん
アドバイスありがとうございました
下関の方に撮影旅行したいと思います
今回の木瓜も爽やかに撮れておみごとです
いい状態の被写体を探すことが撮ることと同様大事ということを実感します

投稿: nico | 2011年4月17日 (日曜日) 22時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 椿・6 | トップページ | 四月の壇具川・二 »