カテゴリー「長府庭園」の16件の記事

2012年8月 1日 (水曜日)

平成二十四年盛夏・参

120725ca

夏の庭は縁側からスイカの種でも吹き飛ばしながら眺めるのが良いでしょう。池の畔に佇んでも暑いだけです。

120725cb

蒲 (がま)の穂です。ご近所ではココでしか見ることが出来ないので撮ってみました。

120725cc

この日は睡蓮も咲いていませんでした。ひたすら暑かった長府庭園は以上です。

Nikon D200 + AF-S VR Micro-Nikkor ED 105mm F2.8G (IF)

| | コメント (0)

2012年7月31日 (火曜日)

平成二十四年盛夏・弐

120725ba

涼し気で美しいせせらぎです。人工のせせらぎでメンテも充分。。。とか書くとひねくれ者と思われるかもしれない (笑

120725bb

人工のせせらぎが木漏れ日を抜けて静かに池にそそぎます (汗

120725bc

絵にすると涼しげですが実は暑い。湿気もあってむんむんです。

Nikon D200 + AF-S VR Micro-Nikkor ED 105mm F2.8G (IF)

| | コメント (0)

平成二十四年盛夏・壱

120725aa

7月25日(水曜日)ウィークデーのど真ん中です (汗
紫陽花はスルーしましたが、花菖蒲の時に来ましたので今年二度目の長府庭園です。

120725ab

お目当ては孫文蓮。135mm単と迷いに迷って付けたのは105mmマクロ。寄れるが勝ち! (笑

120725ac

入園料を支払う時。係りの女性が「今朝は孫文蓮が咲いていますよっ!」と、ものすごい嬉しそうに言う。
高鳴る期待に胸膨らませて、とうに承知のその場所へ。。。 が! 咲いていたのは4つ。。。 (涙

注;孫文蓮は池に2ヶ所と蔵の前に鉢植えが置かれているのですが、その全ての株を併せて4つですから (泣

Nikon D200 + AF-S VR Micro-Nikkor ED 105mm F2.8G (IF)

| | コメント (0)

2011年8月17日 (水曜日)

平成二十三年盛夏・五

110726ka

池に大きく張りだしているのは楓の枝です。紅葉が素晴らしいのは言うまでもありません。
私が長府庭園に行こうかと思うのは紫陽花と孫文蓮と紅葉の頃。その他の季節には行った事がないです。

110726kb

庭園ですから、ドコを切り取ってみてもそれなりに絵になります。絵になるように造られているので当たり前 (笑

110726kc

これも楓の枝。写真にすると水面が涼しげですが、この朝は暑かった。額に汗して撮りましたよ (笑
と、言うことで。夏の盛りの長府庭園。全5回の終了です。
今度来るとすれば勿論、紅葉の頃。なんだかんだ言ってみてもココの紅葉が一番綺麗です。

Nikon D200 + Ai AF Nikkor 85mm F1.4D

| | コメント (0)

2011年8月16日 (火曜日)

平成二十三年盛夏・四

110726oa

壱;木の橋の木の欄干

そう言えばこないだ。観光会館の橋こと『ふれあい橋』に地質調査が入っていました。川の両岸をご丁寧にボーリングしていた。
柱状図は基礎の設計に必要です。取り壊しから既に一年。。。ようやく設計段階に入ったのです。
と、言うことは来年度の工事でしょう。たかだか橋に2年も3年も。。。アフォらしい (汗

110726ob

弐;せせらぐせせらぎ

まんまなタイトルですが妙に可笑しくて。。。 タイトルの勝利!

110726oc

参;東屋

池に張りだした感じの東屋です。手すりの下は池。竪繁の格子がなんとも涼しげ。。。に、見えるだけで実際はクッソ暑いです。夏だから。

Nikon D200 + Ai AF Nikkor 85mm F1.4D

| | コメント (0)

2011年8月15日 (月曜日)

平成二十三年盛夏・参

110726ga

二の蔵は売店です。

110726gb

左は一の蔵。右は二の蔵。並んでいます。見れば判るか。。。

110726gc

三の蔵。いつもなんらかの芸術系イベントをやっていますが、私はいつも素通り。
長府庭園はちょっと寄って、さっさと撮って、とっとと帰ります (笑

Nikon D200 + Ai AF Nikkor 85mm F1.4D

| | コメント (0)

2011年8月14日 (日曜日)

平成二十三年盛夏・弐

110726ia

壱;竹の垣根

しゃがんで手前の地面を前ボケにしたヤツ。チョッパーとの散歩で道路側溝なんかを撮る時によくやる手 (笑

110726ib

弐;茶室に渡る小さな川の小さな橋

人工の滝から人工の小川が池へとそそぐ。この橋がなくとも充分飛び越えられそうな小川だが、和服に草履の女性には無理かもしんない。
和服の女性が川を飛んでお茶しに行くのもカッコ良いと思うが。。。 女性の中にはば~ちゃんも含まれるからな (汗

110726ic

参;待合

定番!枯れた紫陽花ボカシ。夏の風情はコレ。

Nikon D200 + Ai AF Nikkor 85mm F1.4D

| | コメント (0)

2011年8月13日 (土曜日)

平成二十三年盛夏・壱

110726ha

孫文蓮のついでに夏の長府庭園の様子など、軽く撮ってみました。
高倍率ズームも持って行くべきだろうな。。。とは思いましたが、ここのところな85mm単、一本勝負です。
カメラバッグも持たず85mm単の付いたD200だけ。レンズキャップもクルマのシート。あと、入場料に百円玉2コだけ持って行きました。
と、言う事で取り敢えず。池越しに孫文蓮です。孫文蓮の咲いているのは、この池に二ヶ所。

110726hb

これも池越しのショットです。石灯籠ちょいボカシ。

110726hc

書院のガラス障子越しに前とは別の場所の孫文蓮。ボケが汚らしいのではなく、古いガラスの表面が波打っているのです。

Nikon D200 + Ai AF Nikkor 85mm F1.4D

| | コメント (2)

2011年6月30日 (木曜日)

六月・八

110618oa

蓮です。孫文蓮のスペア。もうじきです。今年は面倒がらずに孫文蓮を撮りに来ようと思いました。この日は (笑

ちなみに。孫文蓮とは長府庭園の自慢で、大正七年に来日した孫文が長府在住の支援者に贈った蓮の実を
昭和三十七年に蓮博士の大賀一郎氏が咲かせたと言う、極めて由緒正しき蓮です。もうじき咲きます。

110618ob

書院のガラス障子。古いガラスなのでガラスの表面が波打っています。基礎もないし金物で緊結されてもいない。決定的なのは筋交いを設けられない。
現行の建築基準法では不適格。コレと全く同じモノはもう建てられないです。

110618oc

以上です。長府庭園の六月はこんな感じ。カテゴリーを作りましたのでまた撮りに行かなくてはなりません。
この勢いのあるうちに長府毛利邸も撮りに行こうかなあ。。。 とか思います。お調子者なので (笑
ちなみに、長府毛利邸へはウチから600m。

Nikon D200 + Ai AF Nikkor 85mm F1.4D

| | コメント (0)

六月・七

110618na

池越しの書院を楓の枝でボカします。楓は明るい池に枝を張りだしていますから小路からだと葉っぱの裏側を撮る事になります。
いったいソレがどうかしたのか?と言われればソレまでの事です (汗

110618nb

苔が綺麗でしたのでボカします。ボカせるレンズが付いていますのでボカします。ボカせないレンズだとボケないのでボカしません。

110618nc

二つ並んだ手前の蔵が売店。これでほぼ庭園を一周しました。この日は霧雨なので橋を渡ってみたり、飛び石を飛んでみたりはしません。
撮るものを撮ったらとっとと帰るだけ (笑

Nikon D200 + Ai AF Nikkor 85mm F1.4D

| | コメント (0)

より以前の記事一覧