カテゴリー「覚苑寺」の50件の記事

2013年10月 5日 (土曜日)

白萩の咲く頃・参

130921ca

そして白萩。ボケているのは観音様。昨日の記事を読んで貰ったお方には判ると思うけど、他に書くこともないので書いておく。

130921cb

背景が巧く出来そうなアングルで、更に傷んでいない花を捜してシャッター。こればっかりは練習の成果。
近頃はすぐに見つけられるので無駄なシャッターが少なくて助かる。いっぱい撮ると見るのが面倒臭くなるから (汗

130921cc

傷んだ花でも敢えて撮る。あの枝邪魔だ。。。とか思わないように心を鍛えなければいけない。
これがチョッパーの庭に咲いているのだったら容赦なくぶち切るとこだけど (笑

Canon EOS 7D + TAMRON SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD(Model F004)

| | コメント (4)

2013年10月 4日 (金曜日)

白萩の咲く頃・弐

130921ba

十円玉が。。。お数珠の位置も直したい。。。 撮影の時だけちょっと移動して貰おうかとも思ったのですが、踊り子さんの躰には手を触れないのが掟です。
花なんか撮ってると、つい。。。花殻を取りたくなったり邪魔な枝や葉っぱをどけたりしたくなりますが、それは止めようと言うのが私の定めた掟。

130921bb

不思議に萩の花には秋を感じます。彼岸花は夏の終わり。。。どちらも同じ頃に咲くのですが、そこが不思議。

130921bc

覚苑寺の裏山こと准胝山には西国三十三ヶ所観世音菩薩の石仏があって、この千手観音は何番目だったか。。。
そもそも覚える気がないので覚えていないが、腰痛持ちになる前は何度か廻った。チョッパー連れて。

Canon EOS 7D + TAMRON SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD(Model F004)

| | コメント (2)

2013年10月 3日 (木曜日)

白萩の咲く頃・壱

130921aa

チョ~ベェリィ久しぶりな覚苑寺であった。季節は夏の終わりで秋の始まり。つまり、萩の咲く頃。ちなみに階段下、右手に白萩。
覚苑寺の萩は白花で功山寺はプレーンな山萩。功山寺にも行かなくては。。。とか思いつつシャッター開始。

130921ab

この寺は35mm単でも苦しいです。承知の上で90mmマクロを付けて来たのは野萱草を撮る気だったから。

130921ac

千手観音のバックも白萩です。まあ、なんだかんだ言いながらも毎年楽しみに撮っているワケですが。。。

Canon EOS 7D + TAMRON SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD(Model F004)

| | コメント (0)

2013年3月13日 (水曜日)

三月三日の覚苑寺・後編

130303da

壱/50mm

『 花のいのちはみじかくて 苦しきことのみ多かりき 』

こんなんじゃたまらんなぁ。。。と、思いつつ好きだったフレーズ。ネットサ~フィンしていてふと。
このフレーズの出典と思われる未発表詩の発見された事を知った。

130303db

弐/15mm

  風も吹くなり
  雲も光るなり

  生きてゐる幸福(しあわせ)は
  波間の鷗のごとく
  漂渺とたゞよひ

  生きてゐる幸福は
  あなたも知ってゐる
  私もよく知ってゐる

  花のいのちはみじかくて
  苦しきことのみ多かれど

  風も吹くなり
  雲も光るなり

  林芙美子

130303dc

参/15mm

風も吹くなり 雲も光るなり。。。

『 花のいのちはみじかくて 苦しきことのみ多かりき 』 林芙美子が好んで色紙に書いたと言うが、
『 花のいのちはみじかくて 苦しきことのみ多かれど 』 と、書いた方が良かった。と、思う。

Canon EOS 7D + EF-S15-85mm F3.5-5.6 IS USM

| | コメント (2)

三月三日の覚苑寺・前編

130303ca

壱/15mm

梅咲く覚苑寺です。今年は空も梅もいまいちですが撮りました。次の週、空が青ければまた撮るかもしれません (汗

130303cb

弐/50mm

モルタル補修された踏面がちょ~っと目立ちます。

130303cc

参/15mm

上の階段もモルタル補修が目立ちます。階段手前、左右の梅の木がコレでもか!と剪定されましたので淋しいです。

Canon EOS 7D + EF-S15-85mm F3.5-5.6 IS USM

| | コメント (6)

2012年10月 4日 (木曜日)

大施餓鬼

120922ga

野萱草と萩を撮ろうと思って覚苑寺に来たのですが、萩の真ん前にクルマです (怒

120922gb

五色幕が張られています。

120922gc

覚苑寺の大施餓鬼(おせがき)は秋のお彼岸です。この写真を撮った翌日、9月23日が大施餓鬼。
六道(天上道、修羅道、人間道、畜生道、餓鬼道、地獄道)のうち、餓鬼道に落ちた亡者にも施しを与えると言う有り難い法要です。

Nikon D200 + AF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8G ED

| | コメント (2)

2012年9月20日 (木曜日)

そして覚苑寺・後編

120908ja

『そして覚苑寺・前編』の参とピントを置く位置を変えただけ。通常でしたらどちらか一枚。。。と、いうことになるのですが、今回は甲乙つけがたい (嘘
本当の真実は枚数撮っていなかったので甲乙丙丁ナンでもアリです (汗

120908jb

ベンチに掛けて炭酸系清涼飲料水を呑みながら撮りました。

120908jc

白花の萩です。また来週、野萱草と萩を撮りに来てもいいな。。。と、思いました。
おわり (笑

Nikon D200 + AF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8G ED

| | コメント (2)

そして覚苑寺・前編

120908ia

覚苑寺の参道です。突き当たりが覚苑寺。まあ普通、参道と言うものはそうです。突き当たって寺がなければ参道とは言わないでしょう。

120908ib

落ちているのは桜の葉っぱ。梅の木もそろそろ葉っぱが黄色くなりました。

120908ic

この絵は目的の野萱草を撮ったあとです。とっとと帰ろうかと思ったのですが、ふと喉が渇いたので自販機に向かった。

Nikon D200 + AF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8G ED

| | コメント (0)

2012年6月16日 (土曜日)

不許葷酒入山門・後編

120603fa

法堂左手、乃木さん広場。 (注;私がそう名付けただけ)

120603fb

見慣れぬベンチ発見!

120603fc

乃木さんもすっかり緑の中。萩の咲く頃までの覚苑寺はひたすらうっと~しい。これで当分、来ないかもしれない (笑

Nikon D200 + AF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8G ED

| | コメント (0)

不許葷酒入山門・前編

120603ga

数年前に突然!建てられた戒壇石。禅寺のお約束だが、現在。この寺に山門はない。

120603gb

三段の階段を登ったところに山門があった。と、思われる。

120603gc

楓と梅。楓の枝ぶりが良い。
梅と言えば、こないだチョッパーの庭の梅の実を収穫した。4kg以上採れたら梅干しを漬けるのがお約束。
なんと!13kgあった。花梅なので実は小さい。大きめの実で梅干し。小さいのは梅酒とジャム。忙しくなる (笑

Nikon D200 + AF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8G ED

| | コメント (2)